読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nicht seinの読書感想文

漫画やアニメ、同人誌の感想やらなんやらを細々と残そうかと。

ポッピンQ観てきました

個人的なことができないとか積み本増えてくばかりとかいいつつ、映画は観てたりする人。

2017年の「ガラスの花と壊す世界」と聞いて、wktkしながらポッピンQという映画を観にいきました。

www.popin-q.com


東映アニメーション60周年記念作品です。
XX周年記念作品というと、某方面で話題になっている角川映画40周年作品の艦これとか思い出してしまう人。

感想を一言で言えばTVアニメ1クール6時間構成で観たかった。

絵も綺麗ですし、背景美術も良かった。最後の方の黒く覆われた空が青空に変わるとことか、旅の風景とか、絵になっていたし。
配色がパステル調というか明るく優しい感じも良かった。

黒星紅白さんの描かれたキャラクターも個性的で、当初は悩みを抱えてやたら攻撃的だったりツンツンしてたりするけど、仲良くなってからは距離感がいい感じだし。

お話も、分かりやすく抱えていた悩みも卒業して、世界を救って、終わり、という分かりやすさ。

ただ、尺が足りなくて色々がぶつ切りになってしまった印象がどうしても抜けなかったです。

ダンスで世界を救う」という世界観なのは分かるのですが、ダンスに特殊な力がやどるという世界観ならもう少し順を追ってその力を見せていかないと説得力に欠けるというか、唐突感がするというか。

また、5人の悩みの解決も、結局尺がちゃんと割り振られているのは主人公の伊純と沙紀だけで、残りの3人は伊純が吹っ切れるのと一緒になんとなく解決しちゃった感じになっちゃったのが残念。

伊純と蒼、小夏、あさひの四人が仲良くなるところも、気がついたら仲良くなっていた、みたいな感じですし。

ちゃんと時間をかけて五人が仲良くなってお互いに支えあいながら悩みを解決していく、というストーリーが見たかったです。

最後のおまけ映像から全力で高校生編を作る気まんまんなのは分かるんですが、どうなることやら。